BLOG ブログ
ブログ
ブログ

なんの仕事をしようか

こんにちは!thawの窪田です。
皆さんは自分がなんの仕事をするか、どんな風に決めましたか?

安定的な給与が手に入る、昔から目指していた、苦手なことをしなくていい、働く場所が家から近い、大手で安心できる..色々な理由がありますよね。
 
今回は、私がジビエレザーを使用した革製品づくりに取り組もうと思った理由を書いていこうと思います。
 
「自分がどうしたいかわからない...」と思っている方へ、なにかヒントになれば良いなと思います。


 
私のベースには以下のような思いがありました。

〇おしゃれでナチュラルな暮らしにあこがれる気持ちは持っていた。
〇せっかく働くなら、ただお金を稼ぐだけではなく、自分がよいと思える社会に繋がるようなことをしたかった。
〇「どこで働こう...」と思っても、ピンとくることが無かった。一度自分の思うようにやってみたくなった。
〇大きな借金を作らなければ、失敗したりしても途中で軌道修正できるだろうと思った。
〇経験上あきらかに苦手と思ったことは、できる限り避けたほうが周りのため・自分のためだと思った。
(大きい音のなか働く・深夜に働く・1秒単位でミス無くてきぱき動くなど)
〇成果が出るかどうかはあくまでもやった結果であって、それ自体が目的とは考えていなかった。


そしてさらにジビエの革製品の製作を選択するにはこんな思いがありました。

〇やむなく捕獲されてしまうジビエの皮を有効活用できる。
〇素材を選べば、比較的環境に優しい素材を使える。
〇ジビエの革を使って革小物を作っている人はいるみたいだが、私の好みの素材やデザインで形にしてみるのは面白そう。
〇住む場所を移動することになっても続けやすい。
〇服や靴を作る自信はないが、革小物は取り組めそう。
〇食品とは違って腐らないので扱いやすいのではないか。
 
 
要約すると、
もともと「これがやりたい!」と強く思っていたことはなかった。しかし自分の考え方や好き嫌いは経験上わかってきたので、自分は何なら取り組めそうか訥々と選り好みをしていった。
という感じです。
 

イチから何か創ることに自信はありませんでしたが、選ぶことには妙に自信があったのです。
皆さんも選ぶだけならできそうな気がしませんか?